50代の仕事探しを成功させる方法

1.50代の仕事探しにも明るい兆し

 長い不景気が続き、製造業での中高年のリストラや会社の倒産が原因で、50代になって仕事探しをするひとが数多くいました。ですが、50代を正社員雇用しようと考える企業は少数で、仕事探しに難航する方が多かったのも事実です。アベノミクス効果や東京オリンピック開催決定もあり、ようやく景気回復の兆しが見え始めたことで、中高年の転職市場も活況の様相を帯びています。

 また、日本の産業構造が大きく、急速に変化していることもあり、リフォームや建築、介護などの業界では慢性的な人材不足に悩んでいます。即戦力としても、時間とコストを少なくしながら若者の育成を行える人材としても、50代は魅力にあふれています。こうした背景を受け、50代が応募可能な求人も増えつつあるので、企業のニーズと自分の強みが合致すれば、正社員としての転職を実現できる可能性が高まっているのです。このチャンスを活かして、前向きな仕事探しをすることをおすすめします。

2.50代が持つ強みを徹底的にアピール!

 50代には、長いビジネスマン経験を通して培ってきた、キャリアと実績があります。管理職を経験しているひとも多いので、目上の上司とも、年下のメンバーともコミュニケーションできるスキルを持っており、組織全体の調整を行いながら、会社の利益が生まれるように物事を進めることに長けています。

 50代の転職希望者の多くは、社内外のひとたちに専門的な内容をわかりやすく的確に伝える能力や、物事に対して問題意識を持ち、自分で目標や課題を設定しながら、解決策を考え提案し実行できる行動力を併せ持つという、強みを持っているのです。

 また50代の方々は、人手不足倒産が多発し、激務が続いたバブル時代も、その後の長い不況も体験していることから、予想外の事態に直面しても、臨機応変に乗り越える術を身につけていることも、40代以下の年代と大きく違うところです。

 深い専門知識や技術を有し、即戦力として自ら成果をあげることも、管理職として部下へんも動機づけや育成・指導を行い、組織全体で利益追求できるようにすることもできる50代は、アピールポイントがたくさんあるのです。自信を持って、仕事探しに臨んでください。

リクナビNEXT
nextsam
詳細
★★★★★
毎週1万人以上が登録している日本最大級の転職サイト

公式サイトへ

利用者の声
良かった
リクナビNEXTではね、キーワードから求人を見つけ出すことができるんですよ。50代と入力してもいけますし、中高年と入力してもいけます。それで見つけた企業に転職したんですけどね、そういった求人の見つけ出しやすさ、これが魅力だと思うんですよね。
良かった
リクナビNEXTの良さを、コラムや記事の多さとする人が多いようですが、私は純粋に仕事探しに適している部分だと思っています。自らが望む職種や待遇、条件などに見合った求人を探すことができますし、どういった企業かを知ることもできる。ここが最も優れている点です。
良かった
年齢がネックとなり転職に障害が出てきていましたが、リクナビNEXTの転職の仕方についての説明を読んだことで、書類選考に通過し内定を貰うことができました。50代での転職は奇跡にも近いと言えるでしょう。しかし、それがリクナビNEXTの実力なのかもしれません。
普通
転職者調査メモとか自治体による情報など、非常に細かな点もチェックできるリクナビNEXT。でも、そうした情報の多くは転職とはあまり関係が濃くありません。使ってみてわかりました。仕事探しに重要な要素である求人数とその中身、これは他よりも少し優れている程度のようです。
普通
リクナビNEXTを使えば仕事をしながらでも転職活動が可能と聞いていましたが、それを可能にしてくれるスカウトを貰うことはほとんどできませんでした。入力した項目やその内容によってスカウトに差があるのは承知していますが、より良いスカウトが貰えるのはほんの一部な優秀な人材だけなのでしょう。